テレビを壁掛けにした場合、コンセントをどうするのか

テレビを壁掛けにすると、全体的にすっきりとした印象を与えますが、とはいえ、どこでも設置できるのかと言われると実は制約が色々とあります。その制約の中で一番大変なのがテレビを壁掛けするためのコンセントの問題です。新築物件であれば、計画段階で壁掛けのテレビにすることを決めておけば、そうしたことができるように工事を行い、コンセントだけでなく、様々な配線が一か所にまとめることができ、周辺機器を合わせてとてもすっきりした状況となります。しかし、賃貸住宅でやる場合、工事を勝手にするわけにはいかず、やはりコンセントの位置に縛られることになります。

賃貸住宅でも壁掛けテレビにし、それでいてすっきりした印象を与えるにはテレビボードの部分にテレビを掛けるという手法です。これならばボードにこそ傷が付きますが、壁などには傷がつきません。また周辺機器をテレビボードに収納することができるだけでなく、コンセントが下にあった場合でもボードで隠すことができます。壁掛けからは少し外れるかもしれませんが、通常の壁掛けのように高さ調整を行うことも十分できます。それでいてすっきりした印象を与えることができるためおすすめです。

壁掛けテレビにおけるコンセント問題は、計画的な行動や家主への相談などやるべきことをやってから解決される問題となっています。エアコンの電源用にコンセントがあり、それを応用し、エアコンは別のコンセントから電源をとるというウルトラCの解決法もありますが、自然に解決できる方法を模索していく必要があります。

壁掛けのテレビにすることで、配線などに気をつければ、見た目にはすっきり見え、スペースを広く使うことができます。しかし、懸念材料として、壁に穴を開けるのは厳しいとか、賃貸だから引っ越しの時に敷金が戻ってこなくなるとか様々な理由で壁掛けのテレビを断念する方が多くいます。そうした人たちにおすすめなのがポールを使うことです。

ポールを使うことのメリットとして、壁に穴を開けずに済むだけでなく、テレビの上下のスペースを棚などにしてしまい、そこに周辺機器を置くなどし、収納スペースを作り出すことができるという点です。使うポールはいわゆる突っ張り棒を応用したようなもので、テレビの重みや地震の揺れにも対応できるような代物を使えばテレビの落下や周辺機器が床に落ちるといったことを防ぐことができますし、天井を傷つけることなく使用することができます。こうしたポール自体は少し値が張りますが、壁に穴を開けて後で色々と言われたり、敷金が戻ってこなかったりすることを考慮すると、この値段は決して高いものではありません。

ボードにテレビをかけるため、金具などの取り付けもやりやすくなっていますし、水平器を使ってやるにしても、修正がしやすいのもポールを使うメリットの1つです。誰でも壁掛けのテレビを実践することができるように、様々な方法が模索されていますが、ポールを使うことで賃貸の人でも簡単にこうしたことができるようになり、大変お勧めです。

オススメサイト/健康マニアによる無病ライフ/女性向けエステ.com/マッサージのリアル口コミ.com/住宅リフォーム総合情報/英語上達の秘訣/ショッピングカート/オーディオ/驚愕頭部/ショッピングカート/女性の人生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です