壁掛けテレビの地震時の安全性

地デジ化に伴って買い換えをし、ワイドで薄型のテレビで番組を楽しんでいる人は多いのではないでしょうか。テレビ台なしでスペースいらずの壁掛けテレビを愛用している人も増えています。インテリアの邪魔をせずおしゃれな部屋を演出できる壁掛けタイプですが、いざ壁に掛けるとなると落下しないか不安になるものです。
タンスや食器棚など大きな家具に地震対策を施している人は多いと思いますが、薄型のテレビは安定性がなく地震が起こったときまっさきに倒れてしまうもののひとつです。大インチのテレビが安価で手に入るようになった昨今、地震対策の一環として壁掛けタイプにする家庭も増えています。テレビを壁掛けにすることでペットや子供が誤って倒すこともなく、地震が起きたときも倒れて下敷きになる心配がないので安全性は高まります。
多くのメーカーでは耐震試験を行っており、専用の留めつけ器具で正しく設置すれば地震が起きても落下する心配はありませんが、賃貸物件などで壁の構造がはっきりしていない場合、インチの大きなテレビを掛けると重みで壁が崩れる可能性があります。また、留めつけ器具を付ける穴があきますので工事が可能な壁か仲介業者や貸主に確認してみましょう。石膏ボードの壁の場合強度不足での落下が心配されますので壁の補強が必要になり、素人が安易に設置することはおすすめできません。地震対策を考えるなら専門の業者に依頼すればさらに安全性が高まります。