壁掛けタイプのスピーカーの選び方と設置場所のポイント

音楽を楽しむ時に無くてはならないオーディオ機器の一つにスピーカーが在ります。
スピーカーと言うと、床の上にブロックなどを置いて、その上にボックス状のスピーカーを設置すると言ったイメージや、ボックスの中には高音用ツイーター、中音用スコーカ―、そして低音用のウ-ファーと言った複数のユニットがボックスの中に入っていて、ボックスは木製であることからも、重量が在ると言ったイメージを持たれる人も多いのではないでしょうか。

最近は小型軽量タイプのスピーカーも在り、中にはここから音が出てくるとは思いつかないようなインテリア感覚で利用する事が出来るものも在りますし、床の上に大きなボックス状のスピーカーを置いてしまうと、部屋が狭くなるため、壁掛けタイプを好む人も多いものです。

壁掛けタイプと言うのは、壁にフックなどと取り付けて、背面に開いている穴にフックを差し込んで壁にかけて利用出来るもので、オーディオメーカー各社から色々な製品が登場しています。

中にはワイヤレスタイプの壁掛けスピーカーも在り、通常必要となるコードが不要になるため、壁をすっきりとさせると言うメリットも在ります。
尚、壁掛けタイプのスピーカーを選ぶ場合のポイントは、部屋のインテリアとして考えて選ぶ事が大切です。

また、設置する場所に応じて、音質が異なる事からも、いきなり設置をするのではなく、何処に設置をすれば良い音になるのかを確認した上で、設置する場所を決める事が大切です。